外国人技能実習制度のあらまし

発展途上国等の自国の経済の発展と産業振興の担い手となる人材を育成するために、特に青壮年の働き手に先進国の進んだ技術・技能や知識を習得させようとするニーズに的確に応えるため、発展途上国の青壮年労働者を日本の産業界に受け入れて産業上の技術・技能・知識を習得してもらうために政府が創設した制度です。

外国人技能実習生受入れ制度は、受け入れた技能実習生に対して3年間以内に、産業・職業上の技術・技能・知識の習得を受入れ企業が支援するものです。
実習によって習得した技術・技能・知識を実践的かつ、実務的に習熟できるよう受入れ企業が支援するものです。


在留資格 3年間


全ての技能実習生は「技能実習」と言う在留資格を持って日本で実務研修を受ける事となります。「技能実習」は、入国1年目を「技能実習1号」とし、入国2年目と3年目を「技能実習2号」と定め、更に受入れの形態により「イ」と「ロ」に別けています。つまり、下記の4つに区分されます。


リンクされたページアウト