1-アジア人材活用


労働力不足が叫ばれて久しい昨今の日本において、従来の雇用形態や給与システムの維持が難しくなってきています。

人員不足による機会損失を招くような事態は、決して対岸の火事と見過ごしている事はではなくなってきています。

企業開国で更なる商機を獲得する方針をご検討してみては如何でしょうか。

技能実習生は、3年間の日本滞在中に培った技術、技能を母国に帰って、母国の発展に役立てるために、一所懸命に実習を行います。

外国人材を導入するのでしたら、どの国が良いでしょうか。

親日国家ベトナムは、その選択肢の一つに入って間違いない筈です。


2-親日度調査



アウンコンサルティング株式会社様調べ

https://www.auncon.co.jp/corporate/2012/2012110602.pdf


ベトナム人の良いところ


①親日(国民の97%が親日と云われている)

②手先が器用

③責任感が強く、自己犠牲の精神に溢れる

④深く悩まずに現実を受け容れる

⑤日本と同じ大乗仏教が主流で、宗教的配慮の必要が無い


リンクされたページアウト